ジャズ と 映画 Part22020年05月27日

前回(ジャズ と 映画)に書き忘れたのですが、映画「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」はジャズマン出演のフィクションドラマです。タイトルはセロニアス・モンクの名曲ですが、このブログタイトルもそれをもじってますです。はい('ω')

で、モンクの映画DVDを持ってました。「THELONIOUS MONKSTRAIGHT NO CHASER」(1988年)

セロニアス・モンクご本人出演のドキュメンタリーです。(当然、白黒画面ほとんど)

シャーロット・ズヴェリン監督でクリント・イーストウッド製作総指揮。

ホントにイーストウッドさんたらジャズがお好きなんですよね♪

 

マイルス・デイヴィスを描いたドキュメンタリー映画の日本劇場公開が決定!とのニュースを知ったものですから、これは行かねばなるまいと。。。

ドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」 (原題:MILES DAVIS: BIRTH OF THE COOL / 監督:スタンリー・ネルソン)の日本劇場公開がマイルスの94回目の誕生日である526日に発表されました。202094日から順次公開とのことでございます。

↑ そりゃもうジャズの雰囲気がプンプンと漂ってきそうな。。

 

マイルスといえば、その代表作の一つで、歴史的名盤といわれます「Kind of Blue」がありますが、そのレコーディング参加していたドラマー、ジミー・コブ氏が524日肺癌で亡くなったそうです。御年91歳!そのレコーディングの演奏メンバーは

マイルス・デイヴィス - トランペット

ジョン・コルトレーン - テナー・サックス

キャノンボール・アダレイ - アルト・サックス

ビル・エヴァンス - ピアノ

ウィントン・ケリー - ピアノ

ポール・チェンバース - ベース

ジミー・コブ - ドラム

といった面々だったのですが、実はこれで、演奏メンバー全員が亡くなったことになります。。。

ああ、時代が過ぎていく。ご冥福をお祈りいたします。

コブさん、当然上記映画にもご出演でしょうし、そういう意味でも必見となりました。

↑映画のトレーラーにも出演しているのを発見。最後の雄姿か。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fukubukuro.asablo.jp/blog/2020/05/27/9251331/tb