ジャズ と 映画2020年05月25日

私、映画わりと好きなんですけど、ジャズをテーマにした映画ってのも、いくつかありますよね。

 

クリント・イーストウッドが、大のジャズファンであることは有名ですし、チャーリー・パーカーの音楽と生涯を描いた伝記映画「バード」(1988)は彼が監督を務めています。 ↓ 


 ↑ 映画「ラウンド・ミッドナイト」(1986)ではテナーサックス奏者のデクスター・ゴードンが主演。ハービー・ハンコックがアカデミー作曲賞を受賞し、デクスター・ゴードンもアカデミー主演男優賞にノミネートされたなかなかの作品でした。そりゃもう演奏シーンがフレディ・ハバード、ウェイン・ショーター、ロン・カーターなどなどプロで固められているものすごさ!

 

ミステリー映画ですが、「死刑台のエレベーター」(1958)でのマイルス・デイヴィスの演奏も有名になりました。 ↓

  

 ↑ 比較的最近では、「セッション」(2014)が、すさまじい映画でした。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、名門音楽大学の先生役、JK・シモンズが助演男優賞を含む3部門で受賞しています。

生徒である主人公のドラムに対しての指導の厳しいこと!

ひ~~!恐ろしい。プロを目指すというのはなんともはや大変かなと!

こちらビッグバンドが舞台ですが、練習シーンのパワハラ、アカハラがえげつなさすぎて、後味があまり良いとは言えない映画でした。ラストシーンはすさまじいですが。


それに対して同じビッグバンドが舞台。ちょっと古い日本映画ですが「スイングガールズ」(2003)をこの間、久しぶりに観ました。やっぱりこっちが(映画として)面白いですね~(^^)/

東北地方にある高校の落ちこぼれ学生、鈴木友子(上野樹里)ら女子生徒が、夏休みの補習授業をサボるため、なりゆきでジャズバンドを始めるというお話。(青春ムービーですね)

  ↓ この大あくび、もー最高ですね!


 ↓ 楽器は何ができますかときかれて。。

リコーダーしか吹いたことのない関口香織(本仮屋ユイカ) えへっ♪

 

 ↓ 所属するロックバンドが解散し、手持無沙汰となったギター担当の渡辺弘美(関根香菜)とベース担当の山本由香(水田芙美子) 見た目としゃべり方怖いが、いいやつだったりする。

 

 ↓ 鼻の穴にマウスピースを突っ込むわ、トランペットでシャボン玉作るわ。。(ほんとにそんなことできるのか?)学生たちの馬鹿さかげんがたまらんシーンです!


 ↓ 使わない(使えない)パソコンと妹のゲーム機売って、中古のサックス買いました~

ちょっと、ジャズ漫画の「ブルー・ジャイアント」(石塚真一 作画)っぽいシーン


 ↓ 練習場所がなく、カラオケ店内で。。見つかって怒られる これは三密も極まれり!


なんといっても秀逸なのが、竹中直人さんのジャズオタクぶり!

数学教師・小澤忠彦(竹中直人)の後をつけていって自宅を覗くと、オーディオルームでサックスを吹く姿を目撃!(でも実は初心者でヤマハ音楽スクールに通っている。。。) ↓


 ↓ 部屋は防音ドアの専用オーディルームで。ジャズマニアはブランデーグラス片手なのだそうだ(^^♪スピーカーはジャズマニア御用達JBLか?


 ↓ レコードは決してぞんざいに扱ってはいけない。いちいち白手袋はめて大切に。。


 ↓ 見てください!この壁のディスプレイ~

ビッチェズ・ブリューに竹中さんの体に隠れてますが、オーネット・コーマンのゴールデン・サークルですよ!かなり硬派のジャズマニアぶりです。

「エリック・ドルフィーのファイブ・スポットは名盤で、トランペットはブッカー・リトルだ」と解説中


 ↓ 信号機から流れる音がジャズであることを発見(曲名 :  Comin' Through the Rye 故郷の空 スコットランド民謡)してから、卓球の打ち返す音や、団地で布団をたたく音にもジャズが宿ることに目覚める。


 ↓ 地元スーパーの前で演奏して、徐々にうまくなっていく。


 ↓ そしていろいろと、トラブルありながらやっと迎えた本番です。


 ↓ 小澤先生も駆けつける (演奏は初心者であることが、生徒にはすでにばれているのだが指揮してほしいと頼まれている)


 ↓ クライマックスの曲では、トロンボーンやトランペットにもソロパートが・・

 ↑ 練習してきたハイノートを出すことができる のっかっているのはお守りのねずみ

 ↓ 観客も先生方も大喜び


 ↓ 鈴木友子(上野樹里)のテナーサックス・ソロ 実にカッコいい!!


 ↓ 会場もう大興奮ですよ~

 ↓ 拍手・拍手!!

 いや~、かなりデフォルメされてますが面白かったです♪♪
この映画は第28回日本アカデミー賞では、最優秀脚本賞・最優秀音楽賞・最優秀録音賞・最優秀編集賞・話題賞等の5部門を受賞したそうですが、矢口史靖監督作品、「ウォーターボーイズ」や「ハッピーフライト」「ロボジー」なんかも楽しかったですよ~。