古代との対話 ~ゲンセツに行きたい2020年05月22日

古代史が好きで、よく奈良、特に橿原市~明日香村にかけて出かけました。
ただ、古代の観光資源はほとんどが遺構です。現状はたいてい田畑が広がっててそこに想いを馳せる。。。そんな時、発掘したての現場を見学できるイベントがあることを知りました。
考古学的な発見が大きかった時などよく実施されています。現地説明会、、ゲンセツです!
今は新型コロナウイルスの影響で実施されていないと思いますが。。。以前は良く参加させていただきました。牽牛子塚古墳の時は参加者の行列並びました~。夏の暑さに倒れかけたこと覚えています( ;∀;) 
 ↑ スクラップブックに張り付けた当時の新聞ニュースです。
何といっても明日香における土木工事の女帝、斉明天皇の真墓か!?ですよ~!
これは行かねばなるまい・・・と思った次第です。
なのにその後、かなり歳月が過ぎましたが、宮内庁の治定(車木ケンノウ古墳)はなかなか改められないですねー(というより改めない方針なんでしょうねー)

ゲンセツに行きますと、発掘ほやほやの土器やら、ハニワやらがその場で見学できて感動ひとしおなんですよ~!
特に思い出深いのが2011年2月26日の茅原大墓古墳です!
 ↑ ごれがゲンセツの様子だ!
古墳時代中期初頭頃(4世紀末頃)の帆立貝式古墳(後円部に対して前方部の規模が小さい)のクビレ部から盾持人埴輪、埴輪棺が出土しています。
この盾持人埴輪がそれはもうステキ💛なんです。
盾持人埴輪は、これまでに50箇所以上の古墳・遺跡において出土していて、他の形象埴輪とは異なり、古墳の外縁部に置かれる例が多く、外側の邪悪なものから古墳を守る「辟邪(へきじゃ)」の意味を持つものと考えられているそうです。
いかがですか?古墳を守る守備隊!カッチョいいですよね~!

お顔の表現がたまりませんです。守備隊の割にはあまり怖くない??

また、いつかゲンセツに行ける日を心待ちに。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fukubukuro.asablo.jp/blog/2020/05/22/9249361/tb